コロナ禍、「働く」の何が変わる?変化する「働く」に対応する方法

日本人の「働く」は国内外を問わず、あまり評判がよくありません。働きすぎだと指摘されたかと思えば、ホワイトカラーの生産性が低いと突っ込まれ、下手をすればブラックやハラスメントのレッテルを貼られてしまう。一時的に、SOHOやノマド、高プロ(=高度プロフェッショナル制度)、ダブルワークといった言葉が流行ったりもするけれど…